中部、北陸、甲信地方の名物

中部地方の食文化は、関西のそれとも、関東のそれとも異なった、かなり独特のものです。ポイントとしては、味噌に特徴があることでしょうか。愛知県は岡崎市近辺で作られる八丁味噌の味は、特に愛知県近辺の味の決め手となっています。
そんな愛知県では、やはり味噌を使った料理が多く、味噌煮込みうどん、味噌カツなどがあります。そのほかには手羽先やエビフライ、あんかけスパ、そして名古屋ならではのウナギの食べ方であるひつまぶしがあります。
目を北陸地方に 向けると、富山のいとこ煮や寒ブリ、福井の越前ガニやおろしそば、静岡の静岡おでん、富士宮焼きそばなどがあるでしょうか。
名古屋の手羽先はそのジャンキーな味で、全国各地に進出しています。「世界の山ちゃん」は特に、東京でそのシェアを伸ばしています。
中部地方というよりは甲信地方になるでしょうが、甲府の鳥モツ煮は、最近ではB1グランプリと言うB級食材ナンバーワンを決める催し物で1位になったりもしました。

中部地方の食文化は、関西のそれとも、関東のそれとも異なった、かなり独特のものです。ポイントとしては、味噌に特徴があることでしょうか。愛知県は岡崎市近辺で作られる八丁味噌の味は、特に愛知県近辺の味の決め手となっています。

そんな愛知県では、やはり味噌を使った料理が多く、味噌煮込みうどん、味噌カツなどがあります。そのほかには手羽先やエビフライ、あんかけスパ、そして名古屋ならではのウナギの食べ方であるひつまぶしがあります。

目を北陸地方に 向けると、富山のいとこ煮や寒ブリ、福井の越前ガニやおろしそば、静岡の静岡おでん、富士宮焼きそばなどがあるでしょうか。

名古屋の手羽先はそのジャンキーな味で、全国各地に進出しています。「世界の山ちゃん」は特に、東京でそのシェアを伸ばしています。

中部地方というよりは甲信地方になるでしょうが、甲府の鳥モツ煮は、最近ではB1グランプリと言うB級食材ナンバーワンを決める催し物で1位になったりもしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です